200余年の歴史

創業1806年以来、
200年以上熱海で旅館業を続けている『古屋旅館』。

古屋旅館はおかげさまで、1806 年の創業以来、200 年以上にわたり熱海で旅館業を続けてまいりました。
もちろん十七代目の私が創業したわけでも、200年以上守り続けてきたわけではありません。
私が生まれた時には既に、200 年近い歴史を古屋旅館は持っていたのです。
ただ、この事実だけを述べ、『200 年以上続けてこられたのは「単なる偶然の産物」であり「運が良かっただけ」』、ということで済ませてしまっては、今後の古屋旅館を続けていくことはできないと思っております。

「熱海」と聞くと、古くからある日本を代表する温泉街と思われる方が多いと思います。
しかし、現在の熱海の温泉旅館・ホテルは、大変残念なことではありますが、後継者問題や資金繰りなどで廃業されるところ、オーナーの変更や時代への対応のため、マンションや駐車場といったものを含め業態変更するものなど様々です。そこで、若輩の私なりに「200 年に渡り看板を守り続けられた理由」を、誠に簡単ではございますがまとめてみました。
当社にご興味を持ってくださった求職中の方に、ほんの少しでも当社を知って頂くきっかけになれば幸いです。

古屋旅館が
200年に渡り看板を守り続けられた理由とは?

理由 その1
奇をてらわず0.5歩遅れて歩む

私が古屋旅館にまつわる資料を、過去200 年以上、手に入るものは全て見てみたところ、一つの発見がありました。
それは、「大きく注目されたことが無い」ということです。

高度成長期、団体旅行の隆盛と、そのブランド力で熱海温泉が絶頂を向かえていた時でさえ、古屋旅館は極めて地味な存在だったと言えます。
また、90年代のバブル期から今までを取ってみても、例えば数か月先まで満室とか、いつ電話しても予約が取れない、などという逸話を伴ったことは(残念ながら?)、ありません。
それは、ひとえに私が知る祖父の代から古屋旅館は「奇をてらう」ということをしていなかったことが、理由とではないかと考えております。
「波を自ら創る」ことはせず、常に世間様の必要性を感じてから対応する。
つまり、常に世間より「0.5 歩」遅れて歩んできた、といえます。それゆえお客様にとっての古屋旅館は、「いつ来ても変わらない」「馴染みがあって落ち着ける」と愛していただけるのではないかと思っております。

ただし、「奇をてらわない、0.5 歩遅れる」ということは、最先端のものを学ぶな、流行に習うなということではありません。

古屋旅館の外観

むしろ私自身は、常に世の中の流行や動きは、新聞やテレビ、インターネットを使い情報を得ているつもりでおりますし、また様々な業界の方や行政に携わる方々のお話を聞いて、どんな問題についてもなるべく自分なりの意見や考えを持つよう心がけています。

世の中の流れに沿い、新しいものを取り入れていくことは、大変重要です。facebook などSNSを活用し、情報を発信することなどは、その最たるものであると感じています。

一方で、一定規模以上の設備投資やサービス提供方法の変更という、一度実行してしまえば基本的に引き返しの効かないような経営判断の岐路に立った時はどうか。
「最先端のものや流行の要素を取り入れたい」という欲求が、当然私の中にも沸き起こってくるわけですが、常にそこで、敢えて「奇をてらわず、0.5 歩遅れて歩む」ことを心がけるように自分を戒めております。

では「0.5 歩の遅れ」をどのように達成するかということですが、それは古屋旅館を実際にご利用いただいてる「お客様」の声をとことん信じる、ということに尽きます。
特に長きにわたりご利用いただいている「お馴染み様」のご意見は大変参考になるのです。


お客様から「そろそろこういうものがあったら良い」「ここはこうしたほうが良い」というお声を複数いただくことで、実際の変革をすすめます。
タイミングは「経験に基づいた勘」というところもありますし、変革の種類(サービス等のソフト面や、小額の投資ですぐに変えられるもの・大規模な設備投資を伴うもの)によっても違ってきますが、前者のように容易に変えられるものはすみやかに、後者のように綿密な計画が必要なものは概ね、世間が大々的に取り上げてから数年ぐらい経ったあたりが多いかと存じます。
数年と聞くとちょっと遅いのではと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、それぐらいになりますと【ブーム】が【文化】に変わっていることが多いのです。

私が実際に接した例を挙げますと【露天風呂付き客室】です。
露天風呂客室が世間に注目された当初は本当に大きなブームとなりました。私も導入したくてたまらなかったのですが、それでも導入までには3 年の歳月がかかりました。

逆にその3 年の間、私自身、自分の休暇を使って、実際に露天風呂付き客室を備えた、他の旅館・ホテルに泊まらせていただいたり、露天風呂付き客室を施工できる業者さんの話を直接聞かせていただいたり、旅行雑誌な

古屋旅館の外観

どで露天風呂付き客室の事例をたくさん見ることができました。
その中で、古屋旅館として提供すべき露天風呂付き客室とはどのようなものかが段々と明確になりました。古屋旅館にいらっしゃるお客様に喜んで頂けるものにするためにはなにを守るべきか、逆になにを切り捨てるべきなのか、そういったことを冷静にじっくりと考えることができたのです。

この項の最後に申し上げたいのは、自ら波を創り常に変革し続けて、なおかつお客様の支持を長期に渡って得ているホテル旅館さんも沢山あるということです。
本当に素晴らしいことであり凄いことです。革新的であることそれ自体が『馴染みにくい、落ち着かない』という訳では、もちろんございません。
古屋旅館が古屋旅館である理由、小さな旅館が長きにわたり継続できた理由を探っていったところ、「奇をてらわない、0.5歩遅れて歩む」という一貫した姿勢が見えてきたに過ぎません。企業の有りようは誠に多種多様です。その点どうかご理解頂きたく思います。


理由 その2
背伸びをしないこと

旅館・ホテル業のみならず、企業が存続するためには、利益がコストを上回らなければなりません。特に、旅館はお客様のご滞在中に「衣・食・住」全てを提供する業態です。

その全てを物質的に満たそうとすれば際限はありません。高級素材の部屋着や浴衣、最先端の家具や備品、高価な食材、高品質なアメニティー、いくらでもできてしまいます。
お金をかけることは、極めて簡単なのです。

しかしそれでは当然、どんどんコストも上がってしまいます。
それでは企業は存続することができません。そして、「利益」が出ない限り、基礎部分の修繕や補修や交換をおこなうことすらできません。全くの本末転倒です。

ですから、私は経営者として、常に宿泊料金に見合ったものを取り揃えることを心がけております。1万円のご宿泊料ならそれに見合うものを、2万円のご宿泊料ならそれに見合うものを、経営に無理のない範囲でそろえていくのが重要と存じます。

例えば、とても安く宿泊できるホテルに、1 億円以上する純金製トイレが設置されていたとします。果たしてお

古屋旅館の料理とお風呂

客様は、施設がかけたコストに見合った喜びを得る事ができるでしょうか?
これは極端な例で「そんな当たり前の事言われなくても」とお思いかもしれませんが、こういったアンバランスは大なり小なり、世の中に意外に多く存在するとような気がしています。

お客様からいただく金額に見合ったものをご用意する。
そうすれば、コストリターンが適正になり、必要な部分には継続的にお金をかけ続ることができる。その結果として景気の波を経験しながらも常にサービスの品質を保つことができ、最終的にはお客様からのご支持を得ることができる、そういう流れではないかと思います。

期待通りか、期待の少し上。もちろん時には残念ながら期待の下。このやり方ですと100点満点で、例えば150点や200点をつけて頂くことはほとんどないと思います。
その代りに、85点、100点、そしてごく稀に105点程度をコンスタントに頂く。こうした『背伸びをしない姿勢』が、結局は企業を長らく存続させることになるのではないかと考えております。

『お客様を最大限喜ばせたい』
サービス業に従事する方ならほほ100%が抱くこの思いは決して間違ってはいませんが、自分自身の器以上のものを見せようとしてはいけないのかもしれません。お客様の喜びが自分自身の器の容量を超えて、その水が溢れてしまうと、足元は水で濡れてしまい、とても不安定になるのだと思います。


理由 その1
笑顔が第一!笑顔が大好き!

お客様からいただく笑顔、これはどのような業界・業種でも嬉しいことだと思います。

私がなぜ、十七代目となったのか。おわかりになるでしょうか。

実は私は子供の頃から一度も祖父や父親から「旅館の跡取りになれ」と言われたことはありません。祖父も父も私に対しては全くの「放任主義」でした。「何でも好きなように勝手にやれ」といわんばかりの教育方針でした。

しかし私は子供の頃から「この旅館を継ぎたい」と思って生きてまいりました。
実は大学に入って勉強したのも、銀行に入って財務を学んだことも、全ては旅館経営をするためでした。
ではなぜ、私が「継ぎたい」と思ったのか。
それは小さな頃から「笑顔を多く見て育ってきたから」なのです。

お客様の「良かったよ」「また来るよ」と言っていただけた時のその笑顔はもちろん、祖父や祖母や父親や母親の笑顔、そして、従業員の皆さんの笑顔、これらを本当に私は小さい頃からたくさん見てきたのです。

古屋旅館の従業員

実は私は銀行を辞めて古屋旅館を継ぐまで、旅館を手伝ったことはありませんでした。
ただ、大学に入るまでずっと、旅館の中に住居があったため、数多くのお客様の笑顔を日常から見てきたのです。

もちろんお客様商売ですので、時にはお客様からお叱りやご意見を頂くという場面もあり、子供ながらにそういった厳しい側面を目にすることもありましたが、それでも圧倒的に「笑顔」が多かったのです。
だからこそ、古屋旅館で私は常に「笑顔」には特に気を遣っております。

また、ふと「生まれ変わっても、またこの旅館の息子で生まれたい」と思うことがありますが、それは笑顔が大好きだからであり、子供の頃から笑顔に囲まれて育つことの出来た、この環境を最高だと考えているからだと思います。
お客様の笑顔に接していることが本当に何よりも好きなのです。そう思えるのも、小さなころからずっと両親の傍で、旅館業というものの空気を吸ってきたからだと思うのです。


以上が、私が考える「古屋旅館が200 年看板を守り続けられた理由」です。

数字に基づいた科学的な分析というわけではありませんが、経営者として切盛りする中で、自分の会社の背景や立ち位置を自分自身で良く知っておく、もしくは分析してみることが、これからの古屋旅館の歴史を培っていく土台になるのではないかと思っております。

当然ではありますが、常に0.5歩遅れていては、あっという間にライバルに負けてしまう場合もあるでしょう。また、背伸びをしない、などと言っていては、お客様を満足させるに足らない場合もあろうかと思います。

すべてのケースに当てはまる話ではもちろんないわけですが、『小さな旅館がどうして200年も継続できたのだろう?』と、ふと立ち止まって、自分なりに考えてみた次第です。

当社にご興味を持ってくださった求職中の方に、ほんの少しでも当社を知って頂くきっかけになれば幸いです。

古屋旅館17代目内 田 宗 一 郎